痛みの無い楽しいセックスがしたい!女性特有の疾患を正しく理解しよう!

処女膜強靭症の詳細と体への影響

処女膜強靭病は処女膜に当たる膣内のひだが通常より厚くなっている状態を指します。処女膜は初めてのセックスの際は刺激によって表面が裂けて痛みや出血が生じますが、伸縮性に富んでいるので回数を重ねるごとに傷つかなくなります。しかし処女膜強靭症の場合、ひだが厚いことから伸縮性に乏しく、セックスを行う度に強い痛みや出血に見舞われてしまいます。ひだの厚さによっては性器の挿入が出来ないこともありますが、生理による出血には異常が無いため、自分が処女膜強靭症であることを気が付きにくい問題があります。処女膜強靭症は自然に改善されることもありますが、早期の対処は医療機関での治療が最も適切な選択です。

膣の不具合を治療する際の病院選び

処女膜強靭症は人によって状態に差があるので、治療方法も状態に合わせて調整することが大切です。そのため、専門医が常駐する医療機関で治療を受けるのが体に負担をかけずに状態を改善させる条件になります。処女膜強靭症の治療はひだの厚みを解消する目的で行うので、対象の部位を切開して膣を広げるのが一般的な方法です。治療行為は短時間で済むので入院の必要が無く、多忙な人でも日帰りで済ませることが出来ます。その一方で不潔になりやすい陰部を切開することになるので衛生管理には細心の注意を払う必要があります。そのため、治療後のケアを適切に行う医療機関を選ぶのが健やかな暮らしに繋がるので、入念な検査を受けたうえで慎重に判断するのが患者に求められる姿勢です。

処女膜強靭症とは、生まれつき処女膜が厚くて硬いため、性行為によって膜が破れず、性行為を何度しても痛みが伴う症状のことです。