BCPって何?企業にとって重要なBCP対策を分かりやすく解説!

企業にとってBCPの策定は必要不可欠!

BCPとはBusiness Continuity Planの略で日本では事業継続計画と呼ばれています。BCPは規模の大きい災害や事故などが発生した場合でも。会社の事業が継続できるようにするための計画です。緊急事態が発生した際、有効な対策が取れなければ事業を縮小したり、場合によっては倒産に追い込まれる場合があります。緊急事態に陥った場合に被害を最小限に抑えて、中心となる事業の継続又は迅速な復旧ができるようBCPを策定しておく事は企業にとっては必要不可欠と言えるでしょう。

BCP対策には「分散化」などの方法があります!

BCP策定時に想定されるリスクには、地震や台風などの災害関連リスク、火事や停電といった事故関連リスク、テロや情報漏洩といった社会的リスクなどがあります。これらのリスクを回避させるためのBCP対策のひとつとしては「分散化」が挙げられます。分散化とは、災害などが発生した場合に、インフラや地域の影響を最小限に止めるために、事業の拠点や重要システムを複数のエリアに分散させる方法です。ある特定のエリアで災害などが起きた場合でも、社内システムなどの企業資源を他の拠点にて用意する事ができるので、業務を停止させずに事業を継続させる事ができます。またBCP対策には「代替手段」と呼ばれる方法もあります。これは大きな災害や事故などが発生した際、事業継続のために、企業にとって重要なシステムなどを一時的に他の物に代替えする方法です。あらかじめトラブルに備えた代替品を用意しておく事で緊急事態でも業務を続ける事が可能です。

大地震などで企業が大きな損害を受けた時に、いち早く事業を復旧させるための計画をBCP(事業継続計画)と言います。企業間の取引の条件としてBCP対策を求められる場合もあります。